Home > リスク > ISO45001関連コース
ISO45001関連コース

ISO45001関連コースは下記のセミナーをご用意しております。
ご希望のコースをご選択し、オンラインからお申込みください。

【LMJジャパン主催セミナー】
【SGSジャパン主催セミナー】

SGSでは、公開講座はもちろん、企業に講師を派遣する講師派遣型研修 も行っております。
詳しい情報について、また、ご質問など、お気軽にご連絡ください。
電話: 045-330-5001 
Eメール

コース名 \ 月 7 8 9 10 11 12
全容解説セミナー 東京
1
内部監査員養成講座 東京
1-2
労働安全衛生審査員
コンバージョンコース
東京
2-4
東京
14-16



ISO45001全容解説セミナー
【コースの特徴】
規格に初めて触れる方でも十分に理解していただけるよう、ISO45001の歴史的背景や概要や、ISO45001の規格要求条項について、事例等を踏まえて分かり易く解説します。座学が中心のセミナーながら、ご参加者の業種を踏まえ、インタビューしながら自身の職種のイメージに合致できるよう双方向形式で進めていきます。

受講対象:IRCA登録ISO45001審査員(ISO45001移行/CPDが必要な方)、ISO45001管理責任者、推進担当者、推進事務局,、内部監査員の方々、審査登録機関のOHS審査員、労働安全衛生コンサルタントの方々

本セミナーは、株式会社L.M.J.ジャパンが主催するセミナーへのご参加となります。

ISO45001全容解説セミナー
コース構成 ■コースオリエンテーション ■労働安全衛生マネジメントシステム規格と認証システム
■ISO45001概要 ■OHSAS18001との差分の解説  
受講料: ¥29,000(消費税別、昼食費込)
開催時間: 09:30~17:00
開催場所: 東京:LMJ東京研修センター
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:10月1日


ISO45001内部監査員養成講座
【コース概要】
本コースは、当機関の創設者で、監査員トレーニングの世界的パイオニアである L. Marvin Johnson が開発し、ISOの各種マネジメントシステム規格の監査技法のベースとなった「ジョンソン・メソッド」を組み込んだ、ISO45001内部監査員となるための基礎的な内容を学ぶ2日間(16時間プログラム)の研修コースです。監査員養成研修では世界で最も歴史があり、実績豊富な研修機関ならではの様々な事例やケーススタディー、永年にわたり培ってきた「ジョンソン・コース」方式のシンジケート作業用い、短期間に効率よく知識・スキルをマスターできる実習を行います。

受講対象:ISO45001を導入する企業で内部監査を担当される方、ISO45001審査員コースに参加される方で予備的知識を得たい方、全ての業種(特に工場保有の組織、土木、建設等)

本セミナーは、株式会社L.M.J.ジャパンが主催するセミナーへのご参加となります。

ISO45001内部監査員養成講座
コース構成 (1日目)
■コースオリエンテーション ■労働安全衛生マネジメントシステム規格と認証システム
■ISO45001改訂の概要 ■OHSAS18001:2007との差分
■シンジケート作業(ケーススタディによる問題点の摘出)
(2日目)
■ボードワーク(答え合わせと解説) ■法的要求事項(OHS関連法規概説)
■リスクアセスメント(技法と解説) ■まとめ ■修了試験
受講料: ¥55,000(消費税別、昼食費込)
開催時間: 1日目:09:30~19:45 2日目:9:00~17:00
開催場所: 東京:LMJ東京研修センター
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:10月1日-2日


IRCA認定ISO45001労働安全衛生審査員コンバージョンコース(3日間)
【コース概要】
ISO45001が労働安全衛生マネジメントシステム規格として、2018年に発行されました。
OHSMS(労働安全マネジメントシステム)は、オーストラリア/ニュージーランドがいち早くOHSMSとして規格を制定し、英国BSIが中心となり、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド等の国々とDNV、LRQA、BVQI等の世界で名だたる審査登録機関と規格作成機関が協力してOHSAS 18001が発行された歴史があります。
これまで、労働安全衛生のマネジメントシステム規格がISOとなっていない関係で、各認証機関は、OHSAS18001をベースにしたプライベート認証として認証業務が実施されてきました。
今回、労働安全衛生マネジメントシステム規格が、ISO45001として発行されたことで、世界でISOにのっとった、OHSMS認証が進められていきます。
また厚生労働省やILOも労働安全マネジメントシステムについての指針も含めた、わが国特有な要求にも注意を払ったシステム構築が必要となります。

<本コースの受講をお考えの方へ>
注)本コースは、既にISO9001や14001、22000、27001などの審査員資格を保持されてる方を対象に、新たに労働安全衛生(OHS)分野に資格拡大するための3日間コースです。(従来の5日間のプログラムの監査技法の項目を省略した内容となっております。)

本コースは、ISO45001規格の基本知識をご理解いただいている前提で講義を展開致しますので、受講前に十分な予習をお勧め致します。その他、労働安全関連法規等について、事前に学習してくことを推奨します。(事前学習課題を受講前に配布致します)


事前学習としての推奨セミナー

「本セミナーは、株式会社エル・エム・ジェイ・ジャパン(東京都/水道橋)が主催するセミナーへのご参加となります。」

受講対象:認証を取得又は計画されている企業のご担当者又は全社員


IRCA認定ISO45001労働安全衛生審査員コンバージョンコース(3日間)
コース構成 (1日目)9:30~20:00
・労働安全衛生マネジメントシステム国際規格への道
・ISO45001とOHS18001との違い ・リスクアセスメントの概要
 ・演習:リスクアセスメント
(2日目)9:00~20:00
・ISO45001の組織への適用 ・労働安全衛生の法的要求事項
  ・リスクアセスメントとリスクと機会の考え ・演習:是正処置の流れからの継続的改善
(3日目)9:00~18:00
・演習:監査計画と報告 ・監査員として心得
  ・実技演習と講評 ・修了試験(1.5時間)
受講料: ¥148,000(消費税別、昼食費込)
開催時間: 通学3日間/約26時間 (熱海合宿2泊3日)
開催場所: 東京(LMJ東京研修センター)
熱海(パサニアクラブ/その他リゾートホテル)
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
東京:10月14日-16日


SGS主催 オンラインライブ ISO45001規格解釈コース
オンラインライブセミナーは、会場にお越しいただかずに、インターネットへ接続されているパソコン・タブレット端末・スマートフォン等でご都合の良い場所でセミナーをご受講戴ける研修です。

【コース概要】
このコースでは、「労働安全衛生マネジメントシステム規格」の発行背景や固有の用語、4章から10章までの本文要求事項の意図と相関関係(例:危険源の特定⇒リスク評価⇒優先順位を付けた上での管理策策定と実施⇒管理策の効果の測定評価)を具体的な事例を用いてご説明いたします。
学んだ直後から、お勤め先の労働安全衛生マネジメントマニュアルや各種手順書(規定)類の記載内容について、「なぜこのような手順があるのか?」、「どうしてこのルールを守り、記録を作成する必要があるのか?」、「リスクアセスメントを実施する対象とリスク低減対策の策定手法」等をISO45001規格要求事項と結び付けて理解し、運営に貢献することが可能になります。
審査経験豊富な講師陣の講義により、受講生の抱えている問題点や疑問点を解消することができます。

【受講対象】
ISO45001認証を取得又は計画されている企業のご担当者又は全社員

SGS主催 オンラインライブ ISO45001規格解釈コース
コース構成 (講義)労働安全衛生マネジメントシステム/ISO 45001:2018の解説
(演習)適合性評価
受講料: ¥25,000(消費税別)※消費税は開催時の税率に準ずる
開催時間: 10:00~16:30
その他: テキスト(ダウンロード要)、修了証書(データ送付)含
※請求書、テキスト、配信方法についての詳細は別途ご案内いたします。
※パソコンにマイク、カメラ機能が無くてもご参加いただけます。
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
10月13日


SGS主催 オンラインライブ IS45001内部監査員研修コース
オンラインライブセミナーは、会場にお越しいただかずに、インターネットへ接続されているパソコン・タブレット端末・スマートフォン等でご都合の良い場所でセミナーをご受講戴ける研修です。

【コース概要】
このコースでは、1日目は規格解釈に関する講義を行い、2日目は内部環境監査の技法の習得に焦点をあてた講義を行います。
ISO45001に関する規格解釈および内部監査員に必要な「労働安全衛生マネジメントシステム規格」の発行背景や固有の用語、4章から10章までの本文要求事項の意図と相関関係(例:危険源の特定⇒リスク評価⇒優先順位を付けた上での管理策策定と実施⇒管理策の効果の測定評価)を具体的な事例を用いてご説明いたします。
学んだ直後から、お勤め先の労働安全衛生マネジメントマニュアルや各種手順書(規定)類の記載内容について、「なぜこのような手順があるのか?」、「どうしてこのルールを守り、記録を作成する必要があるのか?」、「リスクアセスメントを実施する対象とリスク低減対策の策定手法」等をISO45001規格要求事項と結び付けて理解し、運営に貢献することが可能になります。
審査経験豊富な講師陣の指導により、監査計画の立案、監査の実施及び報告に関する技法を講義・ワークショップを通じて習得できます。

【受講対象】
ISO45001内部監査員としての資格取得を目指す方/マネジメントシステム内部監査員/監査員候補者/協力会社等への監査を実施なさっている方/管理責任者

SGS主催 オンラインライブ ISO45001内部監査員研修コース
コース構成 (講義)労働安全衛生マネジメントシステム/ISO45001:2018の解説/監査プロセスの計画と準備/監査の実施/監査の見直し/報告とフォローアップ
(演習適合性評価/模擬内部監査の体験/是正処置要求書の作成/危険源の特定、評価及び管理策の決定
※2日目の演習はオンライン上でグループディスカッションを実施していただきます。その際、(可能な方は)ビデオの表示でご参加をお願い致します。
※パソコンにマイク、カメラ機能が無くてもご参加いただけますが、演習時はチャット等機能でご参加となります。
受講料: ¥50,000(消費税別)※消費税は開催時の税率に準ずる
開催時間: 1日目10:00~16:30  2日目10:00~16:30
その他: テキスト(ダウンロード要)、修了証書(データ送付)含
※請求書、テキスト、配信方法についての詳細は別途ご案内いたします。
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
10月13日-14日


SGS主催 オンラインライブ ISO14001/ISO45001統合規格解釈コース
オンラインライブセミナーは、会場にお越しいただかずに、インターネットへ接続されているパソコン・タブレット端末・スマートフォン等でご都合の良い場所でセミナーをご受講戴ける研修です。

【コース概要】
親和性の高い2つのISOマネジメントシステム規格と内部監査手法を理解できます。
あらゆる業界の合計数百社以上様への研修実績を有する講師が、過去の研修で得たノウハウの全てを使い、ISO14001/ISO45001規格について、共通要素は2規格を合わせ、固有要求(8章)は別々に解説します。
コース内では演習もご用意。ISO14001/ISO45001両規格に対して、学習結果の理解度が確認できます。
ISO14001/45001双方の認証を取得又は取得予定の企業で、統合マネジメントシステムを導入、又は両規格への内部監査員候補者様に最適のコースです。

カリキュラム
ISO1401/45001要求事項解説:「環境/労働安全衛生マネジメントシステム」4章から10章までの本文要求事項の意図と相関関係を、多数の事例を用いてご案内。2つの規格の勘所を理解できます。初めて学習する、又は過去に学習したことがある、双方の方々共に、学んだ直後から、お勤め先の環境/労働安全衛生マニュアルや各種手順書(規定)類の記載内容について、「なぜこのような手順があるのか?」、「どうしてこのルールを守り、記録を作成する必要があるのか?」をISO14001/ISO45001規格要求事項と結び付けて理解し、運営に貢献することが可能になります。
演習:不適合の特定

【受講対象】
ISO14001/45001内部監査員、ISO14001/45001内部監査運営事務局

SGS主催 オンラインライブ ISO14001/ISO45001統合規格解釈コース
コース構成 (講義)ISO14001/45001要求事項解説(監査時に要求事項の確認ポイント解説含む)
(演習)不適合の特定
受講料: 25,000円/人(消費税別)※消費税は開催時の税率に準ずる
開催時間: 10:00~16:30
その他: テキスト(ダウンロード要)、修了証書含
※請求書、テキスト、配信方法についての詳細は別途ご案内いたします。
※パソコンにマイク、カメラ機能が無くてもご参加いただけます。
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
8月20日


SGS主催 オンラインライブ ISO14001/ISO45001統合内部監査員研修コース
オンラインライブセミナーは、会場にお越しいただかずに、インターネットへ接続されているパソコン・タブレット端末・スマートフォン等でご都合の良い場所でセミナーをご受講戴ける研修です。

【コース概要】
親和性の高い2つのISOマネジメントシステム規格と内部監査手法を理解できます。
あらゆる業界の合計数百社以上様への研修実績を有する講師が、過去の研修で得たノウハウの全てを使い、ISO14001/ISO45001規格について、共通要素は2規格を合わせ、固有要求(8章)は別々に解説します。
同時に、最新のマネジメントシステム監査ガイド(ISO19011:2018)に基づき、活動(プロセス)に対するパフォーマンスの有効性を評価し、改善点が特定できる「内部監査手法」を多数の事例を交えてご案内致します。
コース内では複数の演習もご用意。ISO14001/ISO45001両規格と内部監査手法の双方に対して、学習結果の理解度が確認できます。
ISO14001/45001双方の認証を取得又は取得予定の企業で、統合マネジメントシステムを導入、又は両規格への内部監査員候補者様に最適のコースです。

カリキュラム
ISO1401/45001要求事項解説:「環境/労働安全衛生マネジメントシステム」4章から10章までの本文要求事項の意図と相関関係を、多数の事例を用いてご案内。2つの規格の勘所を理解できます。初めて学習する、又は過去に学習したことがある、双方の方々共に、学んだ直後から、お勤め先の環境/労働安全衛生マニュアルや各種手順書(規定)類の記載内容について、「なぜこのような手順があるのか?」、「どうしてこのルールを守り、記録を作成する必要があるのか?」をISO14001/ISO45001規格要求事項と結び付けて理解し、運営に貢献することが可能になります。
内部監査手法:監査プログラムの管理、監査の計画・被監査側が実施している活動(プロセス)と職位を考慮したチェックリスト作成のポイント、監査の現場での効果的な質問の技法と、客観的証拠への更なる検証手法、是正処置要求書及び観察事項(改善事項)作成手法、是正処置のフォローアップ実施時のポイントを具体的にご案内。環境及び労働安全衛生ISO運用の本質的な改善点が特定できる内部監査員としてご活躍できます。
演習:不適合の特定/チェックリスト作成及び模擬監査実施/是正処置要求書作成

【受講対象】
ISO14001/45001内部監査員、ISO14001/45001内部監査運営事務局

SGS主催 オンラインライブ ISO14001/ISO45001統合内部監査員研修コース
コース構成 (講義)ISO14001/45001要求事項解説(監査時に要求事項の確認ポイント解説含む)    内部監査(計画、準備、実施、報告とフォローアップ)
(演習)不適合の特定/チェックリスト作成/是正処置要求書作成
※2日目の演習はオンライン上でグループディスカッションを実施していただきます。その際、(可能な方は)ビデオの表示でご参加をお願い致します。
※パソコンにマイク、カメラ機能が無くてもご参加いただけますが、演習時はチャット等機能でご参加となります。
受講料: 50,000円/人(消費税別)※消費税は開催時の税率に準ずる
開催時間: 1日目10:00~16:30  2日目10:00~16:30
その他: テキスト(ダウンロード要)、修了証書含
※請求書、テキスト、配信方法についての詳細は別途ご案内いたします。
2020年
開催日程
日程からオンライン申込みができます!
8月20日-21日


ISO45001規格解釈コース(1日間)
【コース概要】
2018年4月にISO 45001が発行されました。
SGSでは、いち早く最新規格のご案内を差し上げるべく、発行時の原文を弊社独自に和訳した要求事項をベースに、「規格解釈」と「監査手法」の講義をご提供いたします。
労働安全衛生マネジメントシステムの構築、内部監査をご担当される方、及びISO 45001の取得をご検討中の方を対象に、ISO 45001要求事項の解釈、構築の基礎知識及び監査手法について解説いたします。
受講された方は、自社のマネジメントシステムの中でISO 45001規格をどのように解釈し運用していくのか、大きな効果が期待できます。2日目には、内部監査のみならず、購買先監査や外注先監査を行うために必要な計画、準備、実施、報告とフォローアップの為の手順並びに実施方法を演習もまじえて、わかりやすく指導いたします。
研修経験豊富な講師がコースの中でより実践的なアドバイスをご提供いたします。

受講対象:認証を取得又は計画されている企業のご担当者又は全社員

ISO45001規格解釈コース
コース構成 ★ 労働安全衛生マネジメントシステム
★ ISO45001要求事項の解説
★ 不適合の特定演習
開催時間: 10:00~17:00
開催場所: ご指定の場所
その他: テキスト、修了証書代含
開催日程 講師派遣のみ対応



ISO45001内部監査員研修コース(2日間)
【コース概要】
2018年4月にISO 45001が発行されました。
SGSでは、いち早く最新規格のご案内を差し上げるべく、発行時の原文を弊社独自に和訳した要求事項をベースに、「規格解釈」と「監査手法」の講義をご提供いたします。
労働安全衛生マネジメントシステムの構築、内部監査をご担当される方、及びISO 45001の取得をご検討中の方を対象に、ISO 45001要求事項の解釈、構築の基礎知識及び監査手法について解説いたします。
受講された方は、自社のマネジメントシステムの中でISO 45001規格をどのように解釈し運用していくのか、大きな効果が期待できます。2日目には、内部監査のみならず、購買先監査や外注先監査を行うために必要な計画、準備、実施、報告とフォローアップの為の手順並びに実施方法を演習もまじえて、わかりやすく指導いたします。
研修経験豊富な講師がコースの中でより実践的なアドバイスをご提供いたします。

受講対象:認証を取得又は計画されている企業のご担当者又は全社員

ISO45001内部監査員研修コース
コース構成 ★ ISO45001要求事項の解説     ★ 不適合の特定演習
★ 内部監査の構成-計画と準備、実施    ★ チェックリストの作成
★ 監査所見・結論、報告及びフォローアップ ★ 監査結果についてのグループ討議
開催時間: 1日目:10:00~17:00 2日目:9:30~17:00
開催場所: ご指定の場所
その他: テキスト、修了証書代含
開催日程 講師派遣のみ対応





PAGE TOP